ウォータージェット
工法とは

ウォータージェット工法は、高圧水の力を利用し、切断・剥離を行う施工技術。
水を使った工法なので、化学的リスクのともなう現場でも安全に施工することが可能です。

これまでは

  • 外壁塗膜剥離

    化学薬品&人の手を使って剥離。
    コストが高く、アスベストが含まれた外壁の場合、飛散の恐れがあります。

  • 解体作業

    ガス溶断を使って、解体物を切断。
    火を扱うため、解体物によっては火災の危険性が
    あります。

ウォータージェット
工法なら

  • 外壁塗膜剥離

  • 解体作業

  • 劣化コンクリート除去

水の力を使うので、
安全・低騒音・フレキシブル

  • 無火気だから安全

  • 湿潤施工で飛散の心配なし

  • 環境・施工物にやさしい

ウォータージェット工法の3つのステップ

ウォータージェット工法には、大きく分けて3つのステップがあります。

  • STEP1:給水

    高圧ポンプを使用し圧力をかけるため、一般的な高圧水のイメージと違い、少ない水量で高圧水を吐出可能です。

  • STEP2:施工

    用途に合わせて噴出用装置(アタッチメント)を変えることで、「表面処理」「斫り」「切断」が可能となります。

  • STEP3:処理

    各工法に適した濁水処理を行い、処理水は排水、塗膜片などは産廃処理します。

  • STEP1:給水
  • STEP2:施工
  • STEP3:処理
  • 高圧ポンプを使用し圧力をかけるため、一般的な高圧水のイメージと違い、少ない水量で高圧水を吐出可能です。
  • 用途に合わせて噴出用装置(アタッチメント)を変えることで、「表面処理」「斫り」「切断」が可能となります。
  • 各工法に適した濁水処理を行い、処理水は排水、塗膜片などは産廃処理します。

用途に合わせて、STEP2の施工方法を変えて、フレキシブルに対応します。

画像:物流部門
画像:プラント部門